2015-01-24_150100

間違った認識を正しましょう!!グリーンスムージーの間違った作り方は体を冷やす?

 

グリーンスムージーを始めて体が冷える、冷え症が悪化したなどと言う言葉を聞くことがあります。
確かに、それは事実かもしれません。
ですが、それを回避する方法をとっていますか?
そのような方法を知っていますか?
女性のマイナートラブルとして多いと言われる冷え性を悪化させないグリーンスムージーがあれば、女性はみんな身体の中から美を放つことができます。
しかし、コレを知らずに冷えを進行させると、身体の中からボロボロになってしまいます。
効果的に、冷えに対策したグリーンスムージーの知識を身につけましょう。

体を冷やす野菜って、本当にあるの?

野菜には、陽性野菜と、中性野菜と、陰性野菜があります。
陽性野菜は、身体を温める作用があり、中性野菜は温めも冷えもせず、中立の立場を保ちます。
しかし、陰性野菜は、身体を冷やす効果があると言われています。
夏の暑さをしのぐ為に、きゅうりやスイカを冷やして食べることがありますが、特に夏野菜は暑い夏を乗り切る為に陰性野菜が多く、体熱を奪うと言われています。
気候や人への影響を考えると、理にかなった野菜の生育と考えられます。
逆に、冬の寒い時期によく取れるほうれんそうやカボチャ、白菜、血で育つ根菜類は、身体を温める作用があると言われています。
・陽性野菜:リンゴ、ぶどう、みかん、ほんれんそう、よもぎなど
・中性野菜:大根、もも、イチゴ、きんかんなど
・陰性野菜:バナナ、トマト、レタス、キャベツ、きゅうり、なす、パイナップル、パセリ、マンゴー、すいかなど
夏という事だけではなく、南国や南部地域でとられる野菜にも、陰性野菜が多いようです。

体を冷やさないグリーンスムージーの作り方!!

冷え性を無くし、充分な栄養で細胞から元気にするグリーンスムージーを作ってみませんか?
その為に知っておいて貰いたい作り方の秘訣を伝授いたします。
1.野菜や果物は常温の物を使用しましょう。
そして、水や牛乳などの水分も、常温に戻したものを使用しましょう。
陰性野菜も陽性野菜もまんべんなく摂取したいものです。
冷えている物を摂取すると、内臓を通る時に身体の中を冷やすこととなります。
また、常温であると食べ物の味を深く感じられる事もあります。
素材を楽しむ為にも、常温保存したものを使用しましょう。

体を温める食材を使用しましょう。

リンゴ、黒砂糖、ナッツ、シナモン、生姜、ドライプルーンやレーズンなどの身体を温める食材を取り入れましょう。
シナモンや、生姜は、粉状に加工されてるものでより、簡単に摂取し易く、癖を軽減する事が出来ます。

スムージー自体を温めてみましょう。

ホットスムージーをご存知ですか?
飲み物が温かいと言う事は、内臓にかかる負担を少なく、吸収もスムーズでより効果的なグリーンスムージーの吸収効果を期待できます。
それって、スープじゃないの?と言われそうですが、そうではありません。
列記としたグリーンスムージーの温かい飲み物なのです。
ですが、温めすぎは酵素を破壊したり、ビタミンを崩壊させてしまう事がある為、良チンとした知識を持って行いましょう。

グリーンスムージーの正しい温め方

ミキサーでジュース状にしたグリーンスムージーは、電子レンジで温めることができます。食物繊維が膨張したり、温まることであふれ出ないように、大きめのコップで温めてください。
鍋で温めることもできます。
人肌程度に温めたグリーンスムージーは、酵素の吸収力を高め、より効果的に栄養を摂り事が叶います。
しかし、高温では栄養が破壊される為、電子レンジでは1分程度、お鍋では煮立たせないよう注意が必要です。

ホットグリーンスムージーの作り方♪

・生姜をつかってさわやかスムージー
みかんやかんきつ類 3個程度
生姜適量
(乾燥させた生姜や粉末の生姜は、溶けやすくより温め効果があります。)
はちみつ適量
豆乳150ml程度
ミキサーにかけた柑橘と生姜を鍋に入れ、豆乳とともに少し温めます。
生姜の温め効果を期待したい場合は、乾燥した生姜を温かいお湯で戻しそのお湯に出たジンジャーエキスが、より身体を温め体質に仕向けます。
水分の多い生生姜は、時に人の身体を冷やす効果を発揮する事がある為、生での使用は避けたいものです。

 
・リンゴとシナモンの最強コラボホットグリーンスムージー
リンゴ半分程度
生姜適量
シナモン適量
ほうれんそう1株
水100ml
味の調整にはちみつ少々
ほうれんそうの鉄分の吸収をリンゴのビタミンが助けてくれます。
リンゴとシナモンの相性が良いことは、アップルパイなどで証明済みです。
また、生姜を入れることでより血液の循環を良くします。

 
・まさかの根菜ホットスムージーって、大丈夫なの。
レンコン2センチ程度
リンゴ半分
生姜少々
塩少々
水100ml
はちみつ少々
根菜でもさらりと美味しいホット スムージーが完成します。
なのより、レンコンは陽性食品で体を温める効果があります。
そして、塩や生姜にも身体を温める効果が期待できます。
陽性食品を合わせることで、体の芯から温かさを感じます。

まとめ

夏には普通のグリーンスムージーでも飲めるかもしれませんが、冬になるとその冷たさが身体を悪くすると思われがちです。
何を使って、どのように摂るかと言う事が大切になってきそうです。
温めて飲む、常温にする、陽性食品やスパイス系の食材を取り入れることも一つの知恵ではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です